読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君らしく輝いて

君と望む未来、見たことない世界

鮮やかな希望 この手に掴むまで

 

今日、ドリボの発表とともにLove-tune7人編成正式通達(のようなもの)があった。

 

前回の少年収での7人でのパフォーマンス。嫌な予感はしていたんだ。怖かった。現実と向き合いたくなかった。でも、時間は過ぎてしまうし、嫌でも現場は発表される。

 

Jrなのに、きちんとグループがあって、出演者として発表されるだけましなのかもしれない。Jr担特有の、出るか出ないかわからない不安はない。でも、その前のLove-tuneでのサマパラはどうなるのか。

 

このままだと7人でやるのが当然だし必然だと思う。でも、4人でのLove-tuneを大切にしたいわたしにとってはとても辛い。

 

7人のこと、いまならもう受け止められる気がしていた。クリエが終わって1ヶ月以上。覚悟する時間はあった。それでも、ドリボの発表を見て受け止めきれなくてガストで1人泣きそうになった。

 

わたし達があの日叫んだ「Love-tune」は4人だったはず。7人のものは「Love-tune」とは別のものなはず。全てが不確かで、このもやもやが消えるのはまだ何ヶ月もかかるだろう。

 

 

安井くんが喜んでいるであろう中、こんなネガティな事ばかり言っていてはダメなこともわかっている。動揺するのは彼らも一緒だったはず。でも彼らはそんな不安な顔をファンに見せるわけにはいかない。デビューという目標のために前に進むしかないんだ。

 

ファンがいくらなにを思ったところで、ジャニーズでは基本的にジャニーさんが絶対。それは変わらない。そして、彼らのような下積みが長いJrがデビューするには結果を残さなければいけないであろう。

 

Love-tuneはその過程であって、実際は結果ではない。これが確定ではない。全てが不確定。不確定ないまをいくら嘆いたところで、なんの成果にもならない。彼らは理解してる。嘆くのではなくて、きちんと向き合う。彼らだけではなくて、ファンにも求められる事だろう。

 

こうやって文章にして理解しようとする。それでも理解出来ないのが気持ち、感情。わたしは安井謙太郎が大好きだけど、いまのJr界隈も大好きで、ずっとなんて無理なのはわかってるけどそれでもこのままみんなが切磋琢磨して輝いている状況が続いて欲しいと願ってしまう。

どこかのグループだけがデビュー、自然解体、グループ編成、そんなの見たくもないし考えたくもない。(お漬物は抜く)

 

この飽和したような状態で何かを変えるにはメンバーチェンジするしかないのもわかる。そこにファンの気持ちは関係なくて、利益、結果が優先される。それによって輝く子もいるだろう。それでもやっぱりすぐに受け入れるなんて無理だ。無理だよ。

 

ほんと何が言いたいのかわからない。とにかく頭がパニックでどうしたらいいかわかんなくて、でもどうにもできなくて、苦しい。安井くんの顔を見るのが辛い。安井くんは悪くない、誰1人悪くない。ただわたしの思いがまだ足りてないだけ。安井くんの幸せのみを祈れてないだけ。安井くんが輝ける将来を、ただその一心で努力している彼を支えることだけ考えていたい。

 

わたしが安井くんに出来ることなんてなにもなくて、彼にはわたしなんて大勢いるファンのひとりで、認識すらされてなくて。でも、そんな相手の為にここまで考えて、落ち込んで、そういう相手に出会えただけわたしはきっと幸せなんだよね。少しでもポジティブに、少しでも前を向く、少しでも安井くんのために。

 

 

 

鮮やかな希望

この手に掴むまで あきらめないColor
もっと もっと 輝け

SEVEN COLORS 叶うから...