読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君らしく輝いて

君と望む未来、見たことない世界

2016-2017

 

 

年が明ける。

 

 

今年の安井くんありがとうございました。来年の安井くんよろしくお願いします。

 

 

 

 

今年はなかなか安井くん一色の1年だった。何回コンサートに入っても、何回気づいてもらってもそれでも安井くんに近づくことは出来なくて、どうしたらいいのかってずっと悩んでた気がする。

 

結論、近付くことなんて無理っていう話なんだけど、それでも欲張りになってくわたしがいて、なんでか嫌われてるんじゃないかって、変に自意識過剰になったり。こんなの思い過ごしなんだけど、不安は不安で。

 

そして、大きい会場で安井くんを見た時、こんな凄い人だったんだな、近付くことなんて不可能だよなって実感した。なんだか遠くに感じて担降りまで考えた。

 

それでも、私はこの人のデビューを見届けたいって思った。近づけなくたっていい、ただ自分が近くで彼のことを見れたらいい。一方的な思いでいいから、彼の近くにいることを選んだ。彼への思いが固まった年だった気がする。

 

 

そして今年は以前から繋がりのあった友達たちと仲良くなれた年だった。

 

去年チケット関係で知り合った方々や、Twitterで仲良くなった方など、ひとり参戦がメインのわたしだけど、少しずつ現場で会う子が増えていって、もっと現場や東京に行くのが楽しみになった。こんな安井くんに対してわがままな事しか言えないわたしの話も親身に聞いてくれて、とてもうれしかった。おた活だけじゃなく、プライベートでもわたしは周りに恵まれてるな、と感じる1年でもあった。

 

 

基本あとでチケット用意するタイプだから、全然連番とかできなくて申し訳ないけど、今年は自チケメインで頑張る年にしたいと思ってますので、交換とかなんとか協力していけたらなと思います。

 

 

 

ただの区切りなんだけど、なんだか今年は自分にとって大事な気がしているんだよね。安井くんに関してだけじゃなく、それに関連した周りの事とか、プライベートの事とかも全部。

 

 

安井くんがいるから私がいる。安井くんがすべてだけど全てじゃなくて、安井くんがもたらしてくれた全てのものに感謝したい。

 

 

 

 

 

 

来年もたくさんのありがとうとごめんねを伝えるために会いに行きます。

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

2016.12.31