読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君らしく輝いて

君と望む未来、見たことない世界

担当ってなんだろう

 

 

 

 

これを見た瞬間に自分も書きたい!って思ったら書きます。

 

 

私の担当は安井謙太郎くんです!

 

 

担当という言葉になんの意味もないと思ってるけど、分かりやすく「担当」という言葉を使います。枠がどうとか、おんりーどうとか、そういうめんどくさいのは嫌いです。好きなら好きでいいと思うし、彼らが誰かひとりのものになるわけはないし、そういった縛り付ける制度は必要ないと思っています。

 

私の中で「担当」という言葉は、一番大切な人くらいな意味で使っています。ほかの気になる人たちのことは「推し」と呼んで、一応区別してます。

 

わたしの中での担当と推しの違いは、

 

担当は、一番最優先にしなくてはいけない人。しないと自分が後で後悔することが目に見えてわかる人。一番悩むし一番辛い思いもするけど、それでも会えないと一番悲しいし、一番私のことを理解して欲しいと望んでしまっている人。見返りを求めてしまう人。

見返りと言うと汚い言葉のように感じるけどそうではなくて、一応人として認識して欲しいなと思っている程度です。あなたのファンだとわかっていて欲しいなと、嫌いにならないでほしいなと、こういった複雑な感情を持っているのが担当です。

また、1番お花畑そうでお花畑ではなく、厳しい意見をぶつける人。わたしはかっこいいから、かわいいから安井くんが好きな訳では無いから。彼の夢を一緒に応援したい!という気持ちのもと応援しています。だから、ふざけた真似をしたらいくら安井くんでもキレるし怒るし泣きます。わたしはそんな安井くんを見たくないし、そんな姿を見るために応援してるわけではないからです。好きだからなんでもいいのではなく、好きだから許せないのが担当です。

 

 

推しに関しては甘々です。かっこいいしかわいいから応援してるし、多少ふざけた事してもこの子達なら許せます。それでももちろん前に出てきて欲しいと思ってるし、たくさん活躍できたらいいなと思ってもいます。だから、応援にいけるようなら行くけど、安井くんの現場が被ったら泣く泣く捨てます。なぜなら、わたしの優先順位は安井くんがNo.1でOnly oneだからです。

 

 

 

コンサート中

わたしは、安井くんにはキャーキャー言いません。デレません。推しにはキャーキャー言いたいしデレます。安井くんにはそんなところを見られることすら既に恥ずかしいです。そして、わたしは自担ロックオン型なので安井くんが出ている時は基本的に安井くんしか見てません。推しを見ていても秒で戻ります。(双眼鏡を持つ手が勝手に動くレベル)  近くの推しより、遠くの自担なので、サマステでも何度か推しからのファンサを貰えそうなところを逃している気がするけど、それでも安井くんを見ないと後悔するのでどうでもよくなります。

安井くんにほかの人のうちわを持ってるところを見られたら凹みます。安井くんにもう会えないと泣き出すレベルで凹みます。でも所詮視界にも入れてもらえてないので、その場面に気付いてもらえなくても悲しくて泣きそう。

動画でも基本的に自担ロックオンなのは変わりないので、いつ見てもいつも見る場面は一緒って感じです。ここでほかの人がこうしてたとか言われても多分わかりません。コンサートも一緒で、推し(バック)を見てるとメインが誰だったのかもわからない時があります。

 

 

 

グッズや雑誌は?

わたしは基本的に欲しい物はいくらでも買うタイプなので、担当でも推しでも盛れてる他担でもなんでも買います。オリフォなど、売上が関係してくるものはいつもより多く買う程度で一揆に参加したりはしない。安井くんはほかの人が買ってくれるからと思ったりするけど、推しはまだまだな方々なので安井くんよりも買います。少しでも彼らの力になりたいと思ってレポもTwitterにあげます。見てくれている人が少なくても、あなたのことを見てくれている人は絶対いるよ!と伝わればいいなと。だから出来るだけフルネームでツイートしたり、画像を付けたりと、小さいながらに布教活動してます。

 

 

 

日常生活と担当

 

スマホの待受もキーボードの画像もLINEの背景も基本的には安井くんです。いつでも目に入るところに置いておきたいから。

なにかぼーっと考えるとき、だいたいは安井くんのことを考えます。前の現場のこと次の現場のこと、いろいろあるけど、当たり前のように安井くんのことを考えてる自分がいて、自分のことながらに気持ち悪いなと思う時もあります。常にいつ安井くんや推したちに会えるかを考えてます。私の、思考と財布は彼らによって回っています。それくらいどっぷりとジャニーズ自体にハマっています。

 

 

 

担当=旦那

いるのが当たり前。空気。でも、いなくなると一番困る人。一緒に歩んでいきたい人。

 

推し=彼氏

トキメキをくれる人。わたしを女の子にしてくれる人。かっこいい姿と可愛い姿を見れたらそれだけでいい。その場限りでも構わない。

 

 

 

 

 

 

安井くんと推しに関する思いは自分的には全く違うので、区別する気がなくても区別出来てしまう。それくらい担当という存在は大きいと思ってる。

でも、安井くんに対して「大好き」ということは基本的に言いません。なぜなら、なんかムカつくから(笑)  こんなやつにハマってる自分も、あんな冷めた態度しかとってくれないくせに私のことを離してくれない彼にも(あくまで主観)。それでも、私が彼の話をするとみんなに(ホントは好きなんだね(´^ω^`))って仏の顔で見られます。バレバレだそうです。推しの時は目に見えて興奮するけど安井くんの時は冷静なつもりなんだけどな。

 

 

 

 

 

担当には、僅かながら求める愛

推しには、見守る愛

 

 

 

 

 

 

そんな感じでした。