君らしく輝いて

君と望む未来、見たことない世界

キントレ Love-tune単独公演お疲れ様でした

 

 

 

本当にお疲れ様でした!!!!!

最高でした!!!!!!

 

 

誰がなんと言おうと、わたしは今回のフェスというテーマで作り込まれたセトリに文句はないです!それくらい、熱苦しくて最高なセトリだった。構成だった。らぶってこんなにも青春なんだなって思った。

 

 

今回、7公演通じて思ってたのが、〝安井くんが幸せを噛み締めるような顔をしていてわたしまで嬉しいな〟だった。

毎公演、この公演の為に燃え尽きるんじゃないかってほど、ファンを煽り、メンバーを煽っていた。

そして、一つになった会場を見てひとり悦に浸っていた。

 

きっと、安井くんやメンバーが思い描いていた空間になれてたんじゃないかな。

 

 

今日の最終公演、みんなで名前を叫ぼうってなった時、安井くんが一呼吸ついた。

 

みんなが「ふふっ」と笑う。

 

センターで涙をこらえる安井くん。

 

風is以来じゃないかな?でも、その時よりももっともっと幸せだよね。だって、自分たちのユニットの単独公演だもん。

 

アイドルでいる安井くんは涙は流さない。「チャラチャラしてそう、楽そうと思われていい」と言い切ってしまう程、泣いてる顔を見せることはない。涙というのは、思いが溢れた証拠だし、それだけの思いがあるという証となってしまう。安井君の目指しているアイドル像では、そんな泥臭い感情を表す涙を見せるわけにはいかない。

 

 

でも、それでも堪えられないほど感情が高ぶってくれたことが嬉しかった。安井くんのファンは安井くんの一言一言を深く感じ取り涙している人が多かったと思う。

そして、安井くんが我慢したその涙が示すのは、その言葉が綺麗事ではなかったという事実。

 

私たちファンと安井くんが繋がっている証だ。

 

 

 

 

Love-tune

Love(ファンからメンバーへの愛)

tune(メンバーが作り出す音)

 

 

愛と音でLove-tune

みんながいなきゃLove-tuneではない。

 

 

安井くんが最後の挨拶で私たちに伝えてくれた気持ち。ほんとにいい名前をもらったよねって。クリエの時もぼそっと呟いてたのを思い出す。

Love-tuneは正真正銘、ファンと一緒じゃなきゃ作り出すことが出来ない、私たちファンとメンバーが合わさって初めてLove-tuneになる。私達はしっかりと彼らの一部になった。

 

 

 

彼はいつもファンのことを褒めてくれる。いつもありがとねと伝えてくれる。そのお陰で頑張れる、と。

 

 

 

 

でも、それは違うの。

 

 

 

あなたたち大好きな人がいるから、わたしたちは頑張れる。あなたたちの笑顔を見るために協力する。あなたたちが私たちファンにくれる暖かい気持ちの恩返しをしているだけなんだ。目に見えない形で色々なものを貰っていて、一つ一つ返すことなんて出来ないけど、あなたたちが見たい未来を見るための手助けならできる。

 

 

だから、本当に感謝しなきゃいけないのは私たちなんだよね。

わたしたちの為に一生懸命してくれてありがとう。優しい気持ちをありがとう。

 

 

 

 

 

 

ほんとに最高なLove-tune単独公演でした。

 

最終公演でした。  

 

 

 

 

気持ちが冷めないうちに早く書き上げたいので、このあたりで。

 

 

祝!単独公演決定

 

 

7/28 14時頃

友人からの「Love-tuneおめでとう!」のLINEで知った。

 

f:id:mtyk0914:20170729134814j:image

 

 

 

 

驚きすぎて嬉し過ぎてどうしたらいいか分からなかっか。この公演が決まったからデビューなんて甘い考えを持っている訳では無いけど、それでも単独でもこのキャパなら埋められるだろと、平日でも大丈夫だろうと、事務所に思ってもらえたという事実が嬉しかった。

 

 

 

 

3日間3公演 

 

 

 

きっとあっという間に過ぎるんだろうな。

 

 

 

なにかのおまけでもなく、みんなと同じでもなく、合同でもなく、Love-tuneただ1組がそこでやる事を許されたLove-tuneだけの公演。

 

 

 

こんなに幸せなことがあっていいのかな?

 

 

彼らが夢に見た光景を見せる時。

 

 

彼らの夢への1歩を一緒に見届ける時。

 

 

私たちの前で彼らが1歩1歩前進していく姿を、同じ時で経験できる。

 

 

 

 

すごく貴重な3日間。

 

 

 

 

本当におめでとうございます。

 

 

 

 

 

一番大好きな彼が、一番輝く場所に

 

 

 

一番大好きな彼が、一番大切な仲間と共に。

 

 

 

 

 

キラキラ舞い散るよ幾千もの願いが

僕らを導いてくれる

みてみて

溢れ出す光が僕達を繋いでくよ

もう一人じゃないんだほら

世界を変えていこうよ

We can make it a  whole new world

 

 

 

 

 

全く見たことない景色を彼らと共に。 

 

 

 

 

f:id:mtyk0914:20170729141210j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

安井くんの26歳の誕生日

 

 

 

安井くん

 

26歳おめでとうございます。

 

 

また一つ歳をとりましたね。

 

 

 

 

 

サマステに始まり、ドリボ、三婆、デレマスCM、ジャニアイ、Jr祭り、クリエ、毎月の少年収に、雑誌、そして、誕生日の今日(昨日〜今日)、主演映画のお仕事で現場でお祝いしてもらったみたいで、ほんとに幸せ者だね。

 

 

 

誕生日をお祝いするのは何回目だろ。2012〜ゆるく応援してて、今年で5回目なのかな。

2年前のサマステチーム覇の時は、みんなで誕生日の歌歌ったよね!しかも、当日は生放送で全国民にお祝いしてもらって!!

そうやってみんなに愛されてる安井くん!

 

 

自分のことには滅法弱くて、話題が出てもなにされても「俺のことはいいよ…////」ってなってしまう、根っからのMC体質だよね。

 

 

 

そんなところが大好きです。

 

 

 

安井くんから、Love-tuneから貰ったありがとうをキチンと返せてるかな。

 

 

自慢できるファンになることが、あなた達への恩返しだと思ってる。

 

 

 

 

いつもファンのことを考えてくれてありがとう。一緒に進んでくれてありがとう。

 

 

 

 

最年長がなんだ!お局がなんだ!ねぇさんがなんだ!!!!!

 

 

長く生き残るためにみんなと同じようにたくさんの努力をしてきたの。長いからって優遇されてる訳じゃないんだよ。

 

 

安井くんにしか分からない葛藤や苦労があったはずなの。

 

 

 

安井くんの26年間を簡単な言葉や汚い言葉、ひどい言葉で片付けないでほしい。

 

 

 

まだ数年しか一緒に歩けてないけど、この先もっといろんな景色を見せてくれると信じてます。

 

 

安井くんと同じ時代に生まれて、同じように歳をとって、いろんな経験が出来ている事がしあわせです。

 

 

 

 

生まれてきてくれてありがとう。

 

 

 

26歳のあなたも感じるままに輝いてください。

 

 

 

 

 

 

本当におめでとう。

 

 

 

2017 Love-tune クリエ レポ

ジャニーズ銀座

2017 Cクリエ 

別名Love-tuneクリエ レポ

 

 

 

個人によるものなので、あらかじめご了承ください。(時間経ったし、せっかくメモ取るのにメモ見ずに書きました)

 

 

 

 

 

 

OP

ピンクのオリ衣装で12列のお立ち台から登場。バンドメンバーは早めにメインに戻る。あらん、安井がお立ち台に残り(あらん下手、安井上手)煽りからの自己紹介、戻ってバンドメンバーの紹介。

11日初日お立ち台挨拶時に、安井くんが最後投げチューをしたんだけど、それがなににも残ってないのがほんとに悔やまれる…

 

 

CALL

レスキューレスキュー

今回も最初の下手もろの所で横で見守るからのケツキックしたりして、昨年夏同様面白そう。

「For your picece」のところでみんなで萩ドラムのところでピースするのも安定。

「最高で最強のメロディ」の部分で、Love-tuneポーズをドラムのLove-tuneロゴに当ててトントンする安井くん。安井くんの中で、『最高で最強』と言えばLove-tuneなんですね。Love-tune愛炸裂。

「I will~」のところで、上手でれおやすみゅの3人で仲良くお尻フリフリしたり、初日は安井くんがれおの脇腹をコショコショ、いつかの公演では安井くんが長妻の背中に飛び乗って仲良くおんぶしてもらってた。

 

Keep the faith

まさかの自分たちでドラムを動かす!歌いながらで大変そうなのに、それすらもかっこよく見せるLove-tune最高!

 

自分のために

最初に声出しから。下手・上手に分かれたり、前と後ろで分かれたりする。掛け声の時もあれば、LOVEで練習する時も。

5/14昼公演で、loveの掛け声での練習時、ぼそっと「Love-tuneていい名前だな」って言った安井くんを忘れません。ほんとに好きなんですね、Love-tuneが。

 

そして、低いけど頑張って歌うと始まる自分のために。ステージ上下手に真田、ステージ上上手に安井で後ろの方まで煽る。

 

プチMC

「ぼくら7人でLove-tuneです!!!」

安井くんがやっとクリエで胸を張って言えました!と言わんばかりに楽しそうに自己紹介。

萩、モロに先に話をふり、2人はスタンバイへ。内容は別にまとめます。

 

和コーナー

上手からもろが太鼓をもって登場。和風な着物アレンジのメンカラ衣装。

毎日日替わりでオリジナルリズムで太鼓を響かせる。

13日の夜公演で、まさかの2本ともバチが折れる事件が。それだけあの数分に本気で向き合ってくれている証拠なようで感動した。(1本目が折れた数秒後に2本目も折れた)

 

そのあと下手から萩ドラムが登場し、2人でセッション。からの、上手から美勇人、下手から真田、そのあと2人が楽器で加わる。

上手から刀を持ったあらん、下手かられお登場で殺陣。センター後方ステージ上から赤傘をもち般若のお面をつけた安井が登場。

 

MOON

前奏に合わせ、般若のお面をとり舌なめずりをする安井が傘をさし階段をしゃなりしゃなりと降りてくる。どう見ても花魁。

途中、階段の中段あたりで安井とあらんが背中合わせになり階段脇の白い複数のライトに照らされるシーンがすごく好きだった。ステージ全体がそのライトにより白っぽくなり、余計に妖艶に見える。

あと、ステージの上から下までを使い7人が一列になるところも好き。

 

PSYCHO

センター集合してからの着物風衣装でのPSYCHO。

みんながバラバラの位置にいて、歌う人だけ動くところ(?) で上手で真田があらん?怜央の背中を叩いていくところが好き。安井くんが花魁のような色気をまとってるのに反して、真田の色気は漢気のようなもので相反するのだけどとてもいい。

 

キ・ス・ウ・マ・イ〜KISS YOUR MIND〜(和ver.)

扇子を使い踊り・舞う和verは新鮮でした。安井・あらん・美勇人・怜央が途中ステージ上にあがり階段をうまく使って菱形の配置からのソロを歌う人がセンターに来るっていうフォーメーションが好きでした。そのあと、安井&美勇人が下手にいき背中合わせでの安井くんは扇子を指でくるくると。背中を合わせる前にアイコンしてる時もあって、安定安心のみゅうたろう。からの安井くんはステージ上最下手でサビ。ここがほんとに好き!花魁のように色気たっぷりで萌え袖で最大ぶりっ子で歌って、「Kiss!Kiss!キッス!」でちゅってやるあざとさ。恐るべし安井謙太郎

 

 

otherside

クリエが終わるまで、この曲がこんなに重大な曲だってしりませんでした。すみません。SMAPという偉大な先輩が最後に出した曲。強い意志の篭った曲。いいともで・オーシャンズで実際にSMAPさんにお世話になった彼らが歌うからこそ意味のある曲となった。

前曲で、わたしが安井くんを見てるうちに先にはけてギターを持って1人出てくる真田。ギュイーンとならすギターに彼の想いが乗り、そこへみんなの声が重なる。

ハンドサインは、グー⇒ピース⇒薬指をおったもの(7を表すハンドサイン)

一列に並びみんなで高らかに手を上げる。ここはほんとにジャニーズのコンサートなのかと思うほどだった。

 

 

SEVEN COLORS

 

そしてはじまる、らぶのイメージ曲になりつつあるせぶから。

 

むちゅーでこいしてる

祭りに続いて、可愛らしいハートをみんなで作って披露するむちゅう。千賀くんの見学の際に、あらんともろの向きが違うと指摘を受け次の回からは訂正されていた。

「らーぶ?」らーぶ!/

「らぶらぶ?」らぶらぶ!/

このコールが大好きです。可愛い曲にピッタリ。

 

No way out

7~8割泣く曲。もろがずっと煽ってくれてるけど、そんなことよりとにかくエモい。歌詞と何かがリンクするのか胸がぎゅっと締め付けられる。

最終日あたりには、顕嵐がひとり盛り上がりすぎてペンライトを置いて手を挙げさせるっていうただのフェスが始まる。メンバーも驚いていたけど、顕嵐の素直な気持ちからだったってファンにもメンバーにも伝わっていた。楽しい気持ち熱い気持ちみんなと一つになりたい気持ち、全部全部。歌詞を変えて歌ったりもして、顕嵐にしては珍しいのかな?って思った。

3・2・1・・・・JUMP!!!

 

MC

安井くんが少し声出ししたあと、「MCだ!座ってくれい!!」と言ってはじまるMC。はまっているようで毎公演言っていた。

 

MCまとめは別に。

次曲のために、顕嵐・真田・萩谷が先にはける。

安「御御足の疲れは取れましたか?」

なんやねん。(笑)

からの、SEでお遊びたいむ。

1つめ→ランダム

2つめ→あ〜ん

3つめ→スポットライト

 

 

Secret lover

白シャツ、黒ネクタイ、黒パンツのスマート衣装で登場。あらんが下手からでてきて、無音の中甘いセリフ。ステージ上、顕嵐が上手下手と真田萩谷のところに移動。サビで3人並びで肩に手を置き階段を降りてくる。

途中、下に美勇人→怜央→モロ→安井とソロを歌いながら出てくるけど、長身2人の近くに出てくるモロがすごく短足に見えて毎回可愛そうだなと思っていた。

 

美「わざとらしいくらい透き通った目で」

怜「見え透いた嘘も信じさせてよ」

モ「まやかしの夢だとしても」

安「もう一度触れてみたい」

 

横一列に並び肩に手を置き、シルエットでのダンス。安井くんがセンターなんだけど、低い上に腰を落とすダンスでもっと低くなるから高低差が気になった。

最後は後ろを向いて綺麗なシルエットで終わる。

 

My love

みゅうたろうメイン、美勇人ダンス披露曲。

安井と美勇人以外ははけて椅子を持って登場。上手に円に椅子を並べ座ったり椅子の上に立ったりそれぞれ回る。

美勇人は下手でソロダンス。美勇人の一番の見せ場。安井くんを見てたのでほとんど見てません、すいません。

 

 

恋を知らない君へ

怜央が伴奏、萩谷のソロ。初日はつっかえてしまいすごく困った顔をしていた怜央を慰めるお兄ちゃん萩谷が見れたが、回を増す事に弾けるようになっていたし、途中からでも弾き直せるようになっていた。歌を止めるわけにはいかないからずっと歌っている萩谷に合わせて伴奏を入れ直すのはなかなか難しいと思う。でも毎公演頑張っていた。最後は2人の連弾で終わる。

 

 

Love-tune学園コント

客席に出てくる諸星先生。一人漫談からのステージに向かうと他のメンバーが布団を持ってスタンバイ。からはじまるコント。

 

別にまとめます

 

 

罪と夏

上手袖から、自作の『愛音号』を持ち出し体操着のまま歌う夏うた。なぜか安井くんは左足の裾を太ももまであげて片足だけちょー細い棒のような足を露出していた。関ジャニさんの演出であるのかな?って思って調べようと思ったけど調べてないや。

「君は〜君は〜君は〜」で指さしてって、上で腕をくるくる回したり、足叩いたり、一緒にやっててすごく楽しかったな。

「8月を全てくれないか」サマステで夏をLove-tuneに捧げるつもりだったのに、Love-tuneからそんなお誘いを受けるとは…リアルすぎて恐ろしい。本当に楽しくて、本当に嬉しくて、この人たちのこと好きだなってすごく感じた。

最終公演の安井くんの「夏にお会いしましょう」を期待しています。

 

 

masterpiece

定番のこの曲。もろさんとかみちゃまのお話のあと安井くんの掛け声とともに勝負に出てくるらぶ。

安→萩のパシって手を合わせるところは何回見ても胸熱で大好き。

 

 

アイノビート

はい。特に記憶にありません。(笑)

いつも通りです。(笑)

 

Revolution

「悩み迷いどんな痛みもいらない〜」安井くんのソロではじまるRevolution。昨年の夏のえびこんを思い出させる。えびのあの熱くて仲間と一つになるあの熱い気持ちが甦る。サビでみんなで手を挙げ声を出し歌う瞬間一つになるのを実感する。

 

言葉より大切なもの

「幸せか?」「俺たちも幸せだ!」「Love-tuneの一部になれるか?」

安井くんの本音が出る瞬間。この大切な曲をラストにもってくることに安井担としてはすごく大きな意味を感じる。

千秋楽もろが「俺たちについて来いよ!!!」と言ってくれた。

普段は「大切なものはここに置いてけー!」が多かった。

風isでは、「大切なものここには〜? あるからー!/」とみんなでコールした。あの空間がみんなにとっての大切なものだった。あのメンバーでやる公演はあの時限りだから。

モロは逆に「置いてけ」と言った。この大切な場所に大切な思いを詰め込んでみんなとの大きくて大切な思い出にしよって、来年もここにこのメンバーで帰ってこようねって、そういう事なのかなと思う。

Love-tuneと違って風isはあの期間限定のもので復活なんかしない。でもあの時間はあの時間で掛け替えのない大切なものだった。

同じ曲だけど、全く違う思い出になった。

途中の安井くんとあらんのラップ。こうやって2人が駆け引きのように歌うのはチーム覇以来かな?(記憶を辿ります。笑)2人が顔を見合わせて楽しそうに歌う姿が本当に好きです。年の離れた兄弟のようなこの2人が。

 

EC make it

曲前に、真田や萩谷から曲についてのありがた〜いお話があります。みんなの為の曲だよと。

真田がひとしきり熱い説明をしたあとなのに、萩谷にふっちゃうから萩谷からも〝もう曲行こうよw〟となる(笑)

千秋楽で真田が細かく歌詞についても教えてくれた。わたしたちの〝願い〟かれらの〝思い〟

 。この1年色々あったけど、このクリエでやっと一つの区切りができた。わたしたちファンと歩いたこの1年で彼らはなにを思ったんだろう。すべてがこの曲に詰まっていた。

 

 

shake

「さなshake!さなshake!さなshakeの時間だよ!」

ノリノリの顕嵐のかけ声が印象的。客席降りあり。途中のC&Rのために早々に戻る。

千秋楽、最後に順番にみんなの名前を呼んだ。去年のサマステの時は、安井くんのときは自分で「おれ!」って言ってたのに、今回はみんなが「やっすー!」と言ってくれた。みんなの中でやっすーと呼ばれるのはどんな気持ちだったんだろう。きっとすごく嬉しかったよね。みんなあったかいね。

 

WEC(千秋楽のみかな?)

前向きスクリーム

 

カテコ挨拶

公演時間は決まってるのに、それでもほぼ毎回出てきてくれたらぶ。

1人一言ずつお話してくれて、楽しかったねと言ってくれた。終わっちゃうのが寂しいねと。

わたしたちファンの寂しい思いを分かってくれてるのが嬉しい。この人たちに気持ちを預けても大丈夫なんだなと思えた。

 

 

 

 

 

 

以上!!!!(雑ww) 

祝!主演おめでとう

 

祝!主演!

おめでとう!!!🎉🎉

 

 

 

ニートニートニート

主演     安井 謙太郎

 f:id:mtyk0914:20170704044728j:image

 

 

 

 

 

 

深夜に飛び込んできたこの文字はわたしの脳を震わした。脳が震え、魂が震え、涙が出てきた。

 

 

どれだけ願っても、なかなか手に入れることの出来ない「主演」の二文字を彼は手に入れた。

 

 

 

いくらおめでとうと伝えても、足りないくらいおめでとうと感謝を伝えたい。安井担をしていてすごく幸せだと。

 

 

 

日テレ系のドラマに始まり、映画、舞台と様々な場所で腕を磨いてきた。

 

 

昨年から始まったらじらー。優馬のバーターだとしてもJrとして1人で出演したホーンテッドキャンパス。初めての外部舞台の三婆。そして、今年5月に行われた劇ラジ。

 

 

どれもこれも彼はジャニーズJrとしてではなく、1人の安井謙太郎として、きちんと爪痕を残してきた。だからこそ、いただくことの出来た主演のお仕事なんだと思う。

 

 

 

 

 

来年の夏公開。

 

 

 

 

来年の夏までの安井くんとの約束が出来ました。

 

 

 

 

 

昨年、三婆のお仕事が決まった時も、こうして巡りゆく季節が鮮やかな色になった。

 

 

 

今年もまた来年までの長いようで短い時間がはじまる。

 

 

 

安井くんの成長を見守ることの出来る1年になりますように。

 

 

 

 

 

 

f:id:mtyk0914:20170704044720j:image

2017 ジャニーズ銀座 Love-tuneクリエ

 

 

2017/5/11~17 全10公演お疲れ様でした。

 

レポではなく気持ちの整理。

 

 

 

 

 

 

 

今回は8公演参加しました。

後ろの方でも十分満足できる素晴らしい公演だった。

 

Jr祭り大阪からなんとなく気持ちが落ち着いてて、後ろでもなんでも見れればいいと思っていた。回数も入らなくてもいいかと。でも、1度入ったらやっぱり安井くんに気持ちをもってかれた自分がいた。

 

まさかのOPは通路から登場で、後列のわたしは最初から近くで安井くんを見ることが出来た。全体を見渡してくれる安井くんにピンクのペンライトを向ける。それだけでわたしの心が満たされるのが自分でも分かった。

なにかしてもらいたい、そんな欲はもうなくて、あなたのファンが応援に来たよ、ただそれだけを伝えたいと思うようになれたから。

その一瞬でその一公演ずっと幸せを感じることが出来た。

 

 

今回のクリエは、私の中では〝再出発〟だと思っていた。去年の変則的なメンバーチェンジが加わったクリエではなく、最初から最後まで7人で走り抜けることができる記念すべきものだからだ。

メンバーの楽しそうな顔が忘れられない。オーラスの幸せそうな顔も、終わってしまうのが寂しくて少し切なげな顔も、だけどわたしたちファンと会うためにこれからも頑張るから!と言ってくれたあの強い眼差しも、全てすべてわたしの心に響いた。

 

安井くんが言ってくれた『Love-tuneの一部』という言葉。そうか、わたしたち含めみんなでLove-tuneなんだ。本当に安井くんは言葉選びが上手でLove-tuneやファン、あの空間が大好きなんだなとひしひしと伝わってきた。

 

『安井くんは特別を作るのが上手』

 

以前安井担の方が言っていた。すごく納得したのを覚えている。

 

でもいまは、上手だけど前とはなにか違うのかなって思った。

安井くんにとって毎公演が特別ですごく幸せなものなんだよね。わざと特別感を出してるわけではなく、本当に彼にとっては1公演1公演が特別で、掛け替えのないものになっていっているのかな、と。

 

毎回来れる人ばかりではなく、その1公演に期待を膨らませ来る人も少なくない。その人にもLove-tuneの空間をちゃんと体感してもらって、また来てね!って伝えるために安井くんは毎公演あんなに必死になってくれてるのかな。

 

オーラスのWEC。安井くんは腰をおさえ、少し足を引きずるように歩いていた。それでも客席に降りるし、上手下手と歩き回る。誰かの特別を作る為に一瞬でも無駄なく動く。

声も枯れ始めていて、満身創痍という言葉がすごく似合っていた。

最後の今日、みんなのために燃え尽きていい、最後までこの時間を味わっていたい、自分の思いとファンの思いを体現していた。

 

 

 

わたしはこの人のことを好きになってよかったし、応援できている事を誇りに思う。

 

 

あなたのファンだと胸を張って言いたい、そう思った。最高の自担。そして、最高の自担が最高だと自負する最高のグループをこれから先もずっと応援していけたらいいなと。

 

 

 

『make it』

 

キラキラ舞い散るよ

幾千もの願いが僕らを導いてくれる

みてみて

 

溢れ出す光が 僕らを繋いでいくよ

もう1人じゃないんだ ほら

 

(略)

 

はじまりのステージへ

 

 

私たちファンとぼくらLove-tuneの歌。熱い男真田が書いてくれ歌詞、想いの結晶。

 

わたしたちの思いが、彼らを高みに導いていける、一人ひとりの想いを届けることって簡単なようですごく難しくて、それでも、『俺らには届いている、大丈夫だよ』と伝えてくれた。

わたしたちファンのおかげで、彼らは光となって輝く。真田が何年も感じていた思い、そして去年から改めて感じた思い、全てが一つの曲となってファンの元へ届いた。

恥ずかしがり屋でカッコいいことなんか言わない真田が、みんなに毎公演言ってくれた

 

『ここにいるみんなとLove-tuneのことを書きました』

 

この一言がどれだけファンに届いただろう。初日、make it終わりの恥ずかしそうな顔。恥ずかしくてもなんでも言葉にして歌にして私たちに届けてくれた、その思いが嬉しかった。

 

 

安井くんだけじゃなく、みんながLove-tuneのことが大好きで、それと同じくらいファンの存在も大切にしてくれる。

昨日今日と、あらんや萩谷が普段見せないくらいの盛り上がりを見せてくれた。それもファンとしては凄く嬉しいことだ。マイペース、マジレッサー、リア充、彼らは嘘の反応なんか普段はしないのに、そんな彼らが周りの空気も気にせず声を上げる。ペンライトを置かせる。メンバーでさえも驚くほど感情を露わにしていた。これはきっと、Love-tuneLove-tuneのファンだけだったからこそ出せたものだっただろう。それを温かく見守るメンバーも、会場も、幸せな空間そのものだった。

 

 

わたしは言葉より大切なものからECまでの流れが大好きだ。オーラス、ずっと泣いていた。

 

『言葉より大切なもの』

安井くんがエビサマで最初をソロで歌った曲。黒髪でまだ少し幼さが残った彼が、センターでほかのJrを従えるようにして歌っていた。

そして、いまは他のメンバー歌うのを後ろでにこやかに見ている。安井くんにとってここ数年でこの曲が大切なものとなっているのは明らかだった。一人で歌っていたものを、風isではみんなで歌い、いまは同じグループとなったみんなが歌うのを眺め、一緒に歌っている。自分ひとりが目立つ歌だったのがみんなの歌になった。グループがなかった安井くんにとって、この進歩はすごいことなのだろうと思う。

そして、ECのmake it、からのSHAKE。

make it はさっき話したけど、みんなの心がこもった曲だし、SHAKEの最後にラブコールをするのも安井くんがラブを愛していることを存分に感じられる幸せな時間だ。

 

 

安井くんは終始客席に目線を配る。

一瞬も手を抜かずファンの子に合図する。見えてるよ、ありがとう、と。その安井くんの穏やかな表情が大好きだった。どんな場所にいても、ピンクのペンライトを見つけてくれるその目が大好きだった。

 

 

最後make it (かな?)で安井くんがメンバーと順番にアイコンしてるのが見えた。その顔が、『お疲れ様!みんな喜んでるね!俺達も嬉しいね!Love-tuneで幸せだね!』って、そう伝えているようだった。

 

わたしはその顔が見れただけでも、最後の公演に入った価値があったと思っている。

 

 

 

わたしたちの思いが彼らに届くなんて夢のまた夢だと思っていた。

 

でも、私たちが思っている以上にわたしたちの小さな願いは彼らに届いている。

 

私たちがコンサートで感じる思いも、私たちの表情から直接彼らに届いている。

 

そして、私たちファンと彼らLove-tuneはちゃんと見えない何かで繋がっていってる。

 

たった小さな『好き』という思いだけど、彼らの未来を照らす手助けができている。

 

 

何も出来ないと思っていた、だから落ち着いた、のに。

彼に届いていたと分かった瞬間、彼の中にまた吸い込まれていった。

 

 

 

彼との距離が縮まることが無くても、彼と私たちの距離は広がることはない。

近づけなくても、繋いでる道は太く確かなものになる。

 

狭い空間で、わたしたちLove-tuneのファンとLove-tuneだからこそ感じることの出来た熱い思い。

 

 

ありがとうございました。

 

10公演本当にお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

4/8 たまアリ電子チケット事変

 

 

長い1日でした。

ジャニーズ事務所に初めて導入された電子チケット。今日あそこにいた人達は、事務所の初めての実験台とさせられた。それはJrの子達も一緒で、ファンと共に実験台のモルモットにされていた。

 

 

入場列に並んでQRコードを読み取り人数を伝えるとレシートのように座席が書かれたチケットが出てくる。

 

字にするととても簡単なシステムだし、機械科されてるだけにミスもなく、画期的なシステムだと思う。なのになぜか開場時間になっても進まない入場列。Aゲートの機械にエラーがあり入場を止めています。次にBゲートも止まりました。その上Nゲートも。誰も入れない状態がしばらく続きました。その間にも時間は過ぎていき、Twitterには200レベル10列までのチケットが席が存在しないのに発券されているという、嘘のようなほんとな話まで出回っていた。

 

運良くわたしや同行者、友達も、なにもエラーに引っ掛かることなく自分の席もきちんと確保されていた。被害者の方には申し訳ないが、助かったと思ってしまった。

さいたままで来て席がありません、返金します、機材の後ろの何も見えない席で見てください、そんな対応普通に考えて許されるはずがない。それが表向きだけでも通ってしまうのがジャニーズ事務所だ。

 

そして、この被害の波はもちろん演者である彼らへも…

開演時間になっても半分以上埋まってない座席、始めようにも始められるわけがない。ラジオのようだと称し、彼らは音声だけでも私達へ届けてくれた。不安な思いをしてるわたしたちファンを元気付けるため、いや、今にも事務所に怒りをぶつけようとしている私たちを沈めるため。話の合間には、間を埋めるように急遽作られた17分のデビュー組の過去映像を流すまでした。

開演時間よりも1時間半もオーバーして始まった公演。会場内にいたファンが楽しく観劇することが出来たのは誰のおかげか?それは悩むことなくジャニーズJrの彼らであり、変更点の確認もありながらもずっとMCを回し続けてくれた安井くんだ。

公演がはじまってからも、しきりにイヤモニを気にしていた。きっとスタッフからの指示を逃さず確認するため。

ファンを盛り上げるという行動を取りながら、耳では大人の対応に追われ、息付く暇もなく2部がはじまる。そして、2部公演のあとはそのままラジオ番組で話通し。彼は今日1日でどれだけ言いたくないことを口にし、聞きたくない言葉を聞き、みんなの複雑な顔を見ていたのだろう。

ファンの事を考えてくれる彼だから、ファン同様心を痛めてくれていたと思う。自分のせいではないのに、自分のファンを悲しませたスタッフをどのような気持ちでフォローしていたのだろう。コンサートはスタッフと演者とで作るものだが、今回は確実に運営側の根本的な運営の問題だった。それなのに、なぜファンのみんなに謝るのは彼の仕事なのか。

なぜいつも彼は言いたくないことを1人で言わされているのか。ガムパのうちわが無くなった公演もそうだし、クリエの時もそうだ。7人になった時、毎回安井くんが挨拶をしてくれた。その事を安井くんのためのグループだからとイヤミにとる人もいたが、安井くんの為のグループなら安井くんが謝罪する必要なんかないじゃないか。〝安井くんの為の〟ではなく、〝安井くんが背負ってくと覚悟を決めてくれた〟ではないのか。当時からこの点については理解されがたい問題だったが、今回もまただった。しかも今回はジャニーズJr・ジャニーズ事務所の問題を彼ひとりが背負っていた。ほかの人も謝罪したりなんなりしていてくれた事も分かっているが、その何倍も彼は場をもたせるために身を粉にしてくれた。

いつもの何倍も熱く声を出し、ファンを煽り、さっきまでのマイナスの雰囲気を少しでも払拭しようと動いてくれていた。

それに触発されて熱くなるLove-tuneと会場。

2部のCALL前、センターステージ上で楽器隊がスタンバイをする。真田・萩谷・美勇人の3人が楽器をスタンバイしながら、アイコンタクトをとりハイタッチする。安井くんしか見てない私にとっては久しぶりに見た光景だった。彼らはこんな時だからこそ、演奏に集中する。それが彼らが私達にする最大限のもてなしだからだ。

 

話はそれだが、今回の功労者は安井くんだと思う。これは自担贔屓ではなく、あの場にいたみんなの安堵感が証明してくれるはずだ。

 

安井くんが先陣を切って盛り上げてくれる、声をかけてくれる、彼がしてくれる事は当たり前なようで当たり前ではない。沈みきった会場でカラ元気でもなんでもいいから明るく振る舞うこと、それがどれだけ勇気のいることか。ほんとにほんとにお疲れ様でした。

 

そしていつもファンサが多い安井くんだけど、今日は一段と多かったね。いつもよりゆっくり外周を周り、みんながはけて次の人が出てきててもそれでも1人でも多く、近い人だけでなく遠い人にも、自分が気付いてあげることでその人の今日がいい思い出へと変わるように、そんな思いをこめてずっとファンサをする安井くんの姿が私は印象的だった。わたしが好きになった安井くんがそこにいた。わたしはそんな安井くんを見てるだけで幸せだった。

 

みんなより少し早く生まれたというだけで、人より小さい身体にどれだけ多くのことを背負ってるんだろう。今回のことは運営側はほんとに安井くんに救われましたね。それはわたしたちファンも一緒。

 

 

彼の頑張りが明日に繋がりますように。

少しでも泣く子が減りますように。

思いを綴ったブログは、最後いつも願いへと変わる。私は安井くんがいてくれればそれだけでいい。安井くんが楽しそうであればなんだっていい。だから、明日は安井くんも心から楽しめるような、そんな公演になりますように。

 

 

ほんとにみなさまお疲れ様でした。

今日のみなさまの悲しみが今後の発展にきちんと繋がりますように。