読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君らしく輝いて

君と望む未来、見たことない世界

7色の虹をかける

安井謙太郎

 

 

 

 

 

 4人のLove-tuneから

 

 7人のLove-tuneへ  …

 

 

 

 

 

結成時は4人だった。4人が最強だと言っていた。こんなに無敵な4人はいないと思った。

 

ジャニーズとしての柱 安井

情熱、熱い男      真田

ダンスリーダー  美勇人

音楽の要  萩谷

 

 

みんな得意分野、役割があり、バランスのとれた4人。この先もずっと4人だと思っていた。

 

 

 

はじめての単独公演。ジャニーズ銀座。突如ゲストとして出てきた、顕嵐、長妻、諸星。

 

 

 

ぬるっと入った3人はそのままLove-tuneとなった。

 

 

 

受け入れるまでにたくさんの時間がかかった。もしかしたらまだ受け入れられてないかもしれない。

 

 

 

それでもこの7人のインタビュー、loveなところ、読んでいたら泣けてしまった。

 

 

 

 

ファンが思っている以上に、きちんとメンバーとしてまとまっていた。

 

 

 

私達ファンが最強だと思っていた4人は、5月から8月までの3ヵ月の間に最強の7人となった。

 

 

 

 

正直、悔しい。

 

 

 

彼らが作ってきたパフォーマンスを、新しい7人のパフォーマンスとして発表される事が。

 

 

 

いままで披露した曲を、再度7人で披露する少クラ。

 

 

 

こっちが完成形なんだよ、と言わんばかりにファンの脳裏に植え付ける。

 

 

4人で披露して、裏ではみんながモニターにかじりつくように見てくれていた、あの事実を覆い隠すように。

 

 

 

それでも、ドリボで見た4人のパフォーマンス。デビューさせてあげたいと感じた安井くんの輝き。

 

 

全てなくなるわけじゃない。

 

 

 

 

安井くんがこんなところで止まるわけがない。

 

 

 

 

 

4人では出来なかったこと。

 

7人だから出来ること。

 

 

 

 

 

きっとこれから、ファンが喜ぶ最高の形で見せてくれるよね。

 

 

 

人数が増えても、役割は変わらない。

 

ジャニーズの柱として、安井謙太郎が機能するように。

 

 

 

 

 

重要なのは人数じゃない。

 

私の大好きな人が、しあわせになれればいい。

 

このメンバーでよかった、と思えればいい。

 

 

 

 

 

 

 

夏も終わりを告げる。

 

 

ひとまず私の心も落ち着きました。

 

 

 

言い聞かせているわけじゃなくて、納得させられてしまった。

 

 

 

 

 

みんなの〝love〟に。

 

 

 

 

 

f:id:mtyk0914:20160825030620j:image

 

 

2016.8.25